スポンサーサイト

  • 2007.09.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


外貨ex FX  ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)

ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)



ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)










外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X

SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X



SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付  折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X




胸ポケットの中のファイナンシャルカルキュレーター
ローン計算(固定、段階、毎月払、ボーナス併用可能) 読みやすい漢字ガイダンス 漢字+12桁数字2段表示 見やすい大型表示。 低反射液晶表示。蛍光灯などの光が反射しにくい、目にやさしく見やすい液晶。 すばやい入力をするために、先に押したキーを離す前に、次のキーを入力しても入力を受け付ける2キーロールオーバー機能つきの早打ち対応。 [+][−][×][÷]のどの演算キーが押されているかを表示する。計算状態がひと目でわかる。 ゴム製のキートップ。 2つおりカバータイプで、携帯に便利。






外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  <ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

田平 雅哉

<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法







入門書の1冊としてはお勧め
投資を趣味とする医師によって書かれた本。著者の本業が医師だけあって分析的な内容が良い。外貨投資の中でのFXの優位性と地著者が独自に培ってきたノウハウが分かりやすく書かれている。投資方法が初心者、中級、上級と分かれており、徐々にステップアップできる。著者が長年培ってきたノウハウを惜しみなく公開する点には好感が持てた。fx初心者でも理解がしやすい内容。ただ紙面の都合か分析に必要なロウソク足チャートの見方など端折った点があり、本書だけでは不十分。これからfx取引を始めてみようと思う方は成美堂出版の「これならわかる外資投資のはじめ方」を読むと良いだろう。

分かり易く読み易い
FXの紹介、株や外貨貯金と比べてリスク・リターンについてが大部分を占めます

その他、作者の運用方法もあり



FXとはどういった物かという説明は非常に分かり易い

また、短く簡潔に区切られており、読むのも止めるのも自在に出来る

更に、漫画チックな図解を随所に入れ、視覚的にも楽しく理解出来た



筆者は為替損益を積極的に狙うギャンブル要素の強いやり方よりも、

金利差をしっかり押さえ、更に狙える時は為替損益も狙うスタイル

超短?短期より、中長期の中で確実に利益を上げていきたい人に合っていると思います

短い期間で利益を出すやり方や考え方もありますが、当然リスクは上がります

また、リスクヘッジについても文面を割いており、

精神的な事もですが、一度に取引を行わず分けたり等、実際の運用方法もあります

特長として、多くの指標を必要とせず、関連性の高い二つを軸に予想する事かな

見る部分も考察も短くて済むので、FXの取引方法も合わせ、

時間の取れないサラリーマンに向いているやり方だと思います



ただし、少ない情報を元に取引を行う訳ですから、

精度はどうだろう?という疑問を感じました

筆者まんまの方法ではなく、時代や状況に合わせてアレンジしていく必要があるのかな

何しろ、入門書としては読み易く、非常に良いと思いました

経験者には恐らく物足りなく感じる部分もあるかと思います

リスクヘッジをしっかり取り、それでいて勝負していくタイプの人向けかな?

本を読めば小遣いが増えます
 何冊か、FXの本を読みましたが、ドクター田平の本が一番わかりやすい。何がといえば、

FXで儲けるにはテクニカル分析がたいせつですが。しかし、今更、学生でもないので、専門書を読んでも、さっぱり、理解出来ませんでした。そんな中、ドクター田平の本は違いまた。もっとも初心者にわかりやすい、しかし、解りやすいからと言って入門書どまりで終わっていない、中身の濃い本だと思います。3000万円は、むずかしいかもしれませんが、月に3千円や5千円は仕事をしていても、小遣いを増やせる方法を学べると思います。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座

細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座



細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座




表紙にあるように「日本一わかりやすいMONEYの運用本」と言ってもいいだろう。細野真宏の『経済のニュースが面白いほどわかる本』でも見せたモノゴトの本質を見抜き、イラストを利用しながらわかりやすく論理展開する手腕は本書でもいかんなく発揮されている。 著者にかかれば、「分散投資」の説明も「10個の玉子を1つの入れものに入れておくとその入れものを落としてしまえば、イッキに全部が割れてしまう、というリスク(=危険度)があるけれど、1つずつ別の入れものに入れておけば、仮に1つの入れものを落としたとしても残りの9個の玉子は割れずにすむ、ということ」となる。まさに「株って何?」という人のための「基礎の基礎講座」である。 基礎講座の最終レッスンは「森本卓郎」対「細野真宏」のスペシャル対談となるのだが、こちらも「日本一わかりやすい」対談だ。著者の予備校講師としての経験がなせるのか、随所に「ふたりの話のまとめ」が配置され、「損をしても暗くならない株式投資の考え方」などについてのふたりの会話が、きちんと整理されて理解がすすむ。 しかし本書は、基礎の基礎だけにとどまってはいない。第2章は、「株」「投資信託」「外貨」の運用講座(実践編)へとステップアップ。こちらは、マネー経済プロジェクトチームが担当講師となり、経済ジャーナリスト荻原博子や株式評論家の植木靖男らが監修にあたっているため、すでに投資経験のある人がおさらいをするのにも最適。(小山由子)



「基礎の基礎」の本
 多くのレビュアーさんが書いておられるように、確かに「わかりやすい」本であるが、内容は書名どおり「基礎の基礎」にとどまっている。

 株と投資信託と外貨預金の3つを1冊で扱うというやや無理のある企画によって、そのどれもが中途半端な感じがする。ページ数の制約から、株も投資信託も外貨預金も、それぞれに深い解説ができないにもかかわらず、経済評論家の森永卓郎氏との対談があったりする。

 それぞれの分野の雰囲気、アウトラインが感じ取れればよいという人には良い本だと思うが、真剣に投資のための参考にしようとする人にとってはもの足りない内容。

本当にわかりやすい!!
お金のこと、本当に苦手で。けど、普通に貯金していても全然増えないじゃないですか。わかりやすい、という売りの本を何冊か購入しましたが細野さんがダントツでわかりやすい。参考になりました。次は株の本を購入します。

これから株をはじめる人は必見!
巷で株が話題になって久しいが、仲間入りしようにも右も左も分からない…。そんな人にはもってこいの入門書。ある程度の知識がある人には物足りなさを感じるかもしれないけれども、お金にかかわる問題なので、この本で改めて知識の再確認をするのもいいかも。特に、「自分でどの株を買ったらいいのか判断してみたい!」という人には必見の情報が載ってます! 細野氏の経済関連の書籍は氏が経済畑の出身ではないがために、一般の人にも分かり易く説明されているような気がします。専門家にとっては当たり前すぎて触れずにおいてしまうような初歩的なことから説明してくれるので、経済アレルギーの人も読み進められるでしょう。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測

相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測

松本 鉄郎

相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測







面白かったです
P&Fを解説した本って殆ど無いですよね、本書は貴重な1冊です。



サインが出た時の目標値がいつ頃達成できるのか?という計算方法が載ってたのは収穫でした。

「相場の大きな節目となる価格を絵から見つけ出し・・・云々」とありますが、どうやって見つけ出すのか具体例が書かれてあればもっと良かったと思います・・・



きっと「自分で探し出しなさい」ということなんでしょうね、自分なりに試してみようと思います(笑)

あの 『為替王』 も一目おく松本鉄郎氏によるテクニカル分析の解説書です!
外国為替証拠金取引(FX)に関するブログで有名なあの 『為替王』 も一目おく松本鉄郎氏によるポイント&フィギュアの解説書が遂に出版されました。

『為替王』 は1ドル=135円になるとの予想をしていますが、その根拠はまさにこのポイント&フィギュアによるテクニカル分析の結果です。

今後の相場予想をズバリと的中させることのできるテクニカル分析の解説書がたったの1,470円で手に入るなんて、絶対に買いです!

エキスパートが語る秘策の数々
日本は貿易立国から投資立国に変貌しはじめている。輸出入から稼ぐ外貨額を、海外投資から受け取る配当や利子が上回りだしたのだ。筆者が言うように、日本人もグローバルに投資機会を求めるようになってきている証拠である。「為替を制するものは外国投資を制する」という筆者の主張通り、グローバル投資には為替への対応が一番重要なのである。その意味で、実践経験豊富な筆者が語る秘策の数々は、真剣に海外投資を考えている個人投資家にとって非常に役立つ。「絶対が無い」というのはどんな投資でも同じだが、為替の世界だけはテクニカル分析が有効と言われている。そのなかでも、PFは最も手軽に実践できるアプローチだ。この分野の第一人者の知恵を借りるには最適な著書と言えよう。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

山根 亜希子

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法







FXが身近に感じられるエッセー風
FX取引が非常に簡単に感じられるエッセー風な本です。私自身は同じ年ということもあり、又、普通のOL風な雰囲気が気に入り、最後まで好感を持って読むことが出来ました。楽しい読み物と言う感じです。

 これを信じきってFXを気軽に始めるのはちょっと危険な感じがします。あくまでもレバレッジを効かせた取引でその損失の可能性が高い事を理解する必要がある様に思います。

 取引開始にはもう2冊ほど専門書を読む必要があると思っています。

あくまでもFX成功者の取引事例として
ネット広告でFXのカリスマと著者が紹介されていたため名前を覚えていましたが、本屋でその名前をたまたま見つけて購入しました。

本のタイトルと著者の履歴からすると、この方法で試してもリスクも少なく容易に儲かりそうな感じがしますが、注意が必要かと思われます。

個人的(まだ私はFX初心者ですが)にレバレッジ10倍というのはかなりのリスクだと思います。また、公開している取引明細書を見ると含み損もあります。これで成功といえるのかは疑問です。

あくまでも一人のFX成功者(?)の取引事例として読むべき本だと思います。

分かりやすい内容でした
FX口座開設はしたものの、良く分からずにそのまま放置していたときに出合った本でした。



Fxの仕組み、スワップの説明、各通貨の性質、注文の方法など

文章も女性的で比較的優しい感じで書いてあります。

他のFXの本と比較的同じような事が書いてあり、著者なりの各通貨の

特徴の見解などが説明してあります。



FXをしているある1人の手法を覗く、と言う点では良かったと思います。

ある1個人のやり方をみて、自分の方法を確立するきっかけになるのでは?と思います。



著者の方法はレバレッジ10倍以上と、儲けも多いかもしれませんがその分リスクを伴います。危険危険といいますが、為替取引でレバレッジ10倍は普通ではないでしょうか?

10万円の元金という小資本で利益を狙うのであれば、10倍ほどのスワップでないと利益は

あまり期待できません。



本書を読み、時々読み直しながら為替取引を行なっています。

今のところ7ヶ月、大きな損もせず利益を出しています。

私個人としてはこの本を読んで良かったと思っています。



為替も株も自己判断で自己責任です。

掛け率や、その人の手法は人それぞれです。

危険な方法ですが、その分面白いと私は判断します。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる

ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる

田平 雅哉

ドクター田平の「最強」外貨投資―5年後に資産家になる







FX初心者には分かり易い入門書
FXでの外国為替投資が株式投資やワンルームマンションへの不動産投資よりもリスクが低く、資産が増やしやすいことなどが前半に述べられており、後半は各国通貨の特徴や実際のFX投資での注意点などが述べられています。

レバレッジは(慣れるまでは)低めに設定し、リスクヘッジのためどの通貨をどれぐらいの割合で持てば安定したリターンが得られ易いのかなどにも触れられています。

また、損切りの重要性にも幾度となく言及されていることにも共感がもてます。

中長期的にFXでの投資をお考えの方にはぴったりの本だと思います。

良い本
 ポートフォリオの通貨配分で成績が

どうだったかソフトを使って調べたら、

かなりの好成績で驚きました。

為替変動の少なさと安定度に驚きました。

今後も有効かは状況をみて判断するという考えで

望めば良書。

私自身はこの本の考えを元に自分で良いペアを見つけることができました。

初心者向け
田平先生の通貨ポートフォリオを初公開というオビはちょっと言いすぎです。

ほとんどはFX初心者向けの基本についてで、経験者には物足りないです。

ただ、自分で実践されている投資哲学が垣間見えるところは好感度高。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  外貨投資をやさしく教えてくれる本

外貨投資をやさしく教えてくれる本

今井 雅人

外貨投資をやさしく教えてくれる本







一見すると
テクニカル的なことも後ろのほうに乗っていますが少ないです。誰もがとまでは言いませんが、相場をはじめると一度はテクニカル分析にはまると思います。しかしそこに限界を感じたときにこの本を読み直してみると忘れていたことを思い出すような感じがしました。マット今井氏の材料に対して「ひょっとすると?動くのでは」というような野性的?相場観の根本を

教えてくれます。

外貨投資のイロハが分かった。
入門書として書かれていますが、為替がどういう影響を受ける事や
売買手法(基本的な所)が紹介されておりこの1冊を読みつくす事
で外貨投資を理解することができます。
私自身も最近、FXを始めたのだが、何の影響で為替相場が変動
するのかなど、指標の発表時期や日経新聞のどこをみれば
いいかなど、具体的にわかりやすく書かれており必要な知識を身に
つけることができ参考書として良書と思われます。
項目毎に要所を押さえてかかれている点も優れていると思いました。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  図解「為替」のカラクリ 賢く増やす!外貨投資入門編

図解「為替」のカラクリ 賢く増やす!外貨投資入門編

松尾 健治

図解「為替」のカラクリ 賢く増やす!外貨投資入門編







グローバルな投資家に必読の書
この本は、外貨投資に最も役立つ本だ! 為替の本は星の数ほど有るが、実際に為替相場を判断して外貨投資をする際に役立つ本は意外に少ない。実際に外貨預金を始めたり外債ファンドを購入する際に必要な、投資判断を行う上でのノウハウや注意点がこの本には書かれているのである。



しかも、プロの投資家でも見逃しがちな高度な投資判断のノウハウを、読者に図解で分かり易く解説している点が魅力だ。



為替ニュースに読み方から金利、経済統計、原油価格などが為替レートに与える影響を分かり易く解説しており、実際にニュースの取り方まで解説している点がとても親切だ。



この本の最大の魅力は、主要7通貨(米ドル、ユーロ、英国ポンド、オーストラリア・ドル、スイス・フラン、カナダ・ドル、ニュージーランド・ドル)に加え、BRICs(ブラジル・レアル、ロシア・ルーブル、インド・ルピー、中国人民元)の国別投資ガイドが書かれている点であろう。多くの本は、米ドルやユーロ程度しか言及されていない本が大半である。



最近では、個人投資家の間でも、高金利を狙うニュージーランド・ドルに投資する商品が人気だが、当該通貨の投資判断のノウハウなどはプロでも知らない情報であろう。



人気のBRICsファンドに投資をすれば、BRICsの為替にも投資している事になる他、人気のグローバル外債ファンド投資をすれば世界の外貨に投資している事になるが、こうした様々な外貨への投資ノウハウが書かれた本は、この本意外で見たことが無い。



グローバルな投資家を志向する読者にとっては必読の書と言えよう。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  卒サラ!外貨で月300万円稼ぐ連勝法

卒サラ!外貨で月300万円稼ぐ連勝法

新井 康友

卒サラ!外貨で月300万円稼ぐ連勝法







読む価値なし!
今まで多くのFX本を読んできましたが、現実とかけ離れた内容で

買ったことが非常に悔やまれます。



「ランチェスター戦略」だの「20個師団」だの、威勢のいいことを

言ってるけど、ピラミッディングは理に適っていると思うが、難平は

資金(証拠金)に余裕がある場合(レバレッジなし?2倍程度)なら別だが

、そうでない場合、強制ロスカットの可能性が出てくる。



内容に乏しいので、ページ数合わせのため1ページまるまる吹き出しで

「損切りはとにかくすればよいわけではない。今後の動きを読んで、

じっくり考えて実行しよう!」とか紙面を贅沢に使っています。

「今後の動き」が読めれば負ける者はいなくなるのでは?



敢えて、良いと思える点を挙げるとすれば「『プロ対素人』整理してみれば」

という項目で表にしてまとめた部分です。

プロには各人、運用金額・期間に制限があり、損益を定期的に報告しなければ

ならない、といった所でしょうか。

しかし、これも知っている人は大勢いるでしょうし…



「★なし」にしたいのですが、選択肢がないので「★1つ」にしました。





理解しながら読みましょう
良い本だと思います。ランチェスター理論を持ち込んだ着想だけでも元は取れたと思います。読み物としても面白いですので、安間伸さんの本は表紙のイラストで損をしてますが、新井さんは本の題名で損をしてると思います。FXを実際にやってる方であればこの本の価値はもっと理解できるものと思います。しかも、内容が良いので☆5つです。

月300万って、資産があればの話でしょ!?

「卒サラ!」って、年収いくらの人を対象にしているのか?



少なくとも100万円の証拠金でFXを始めようとする「ヒラリーマン」ではないことは確かなようだ。



一部公開されている筆者の取引履歴の資産はどんどん増え、一億円を軽く越しているが、途中数千万円単位での入金があることを見落としてはならない。



つまり、この手法で月300万円稼ぐには1億円くらいFXに使える余剰資金が必要であるということだ。

100万円から始めようとする人は、月3万円稼ぐ方法と読み替えた方がいい。



また、初心者は損切りに抵抗があり、スワップを稼げるロングでポジションをもつ傾向にある。

よって、一億円の資産があれば誰でも筆者と同じ手法になり、取り立てて「連勝法」と名付けるものでもないし、この手法は円安傾向の2005年は有効であったが、円高に向かっている2006年上半期では塩漬けを増やすだけであり利益率は非常に悪くなる。



FXで生き残る為には、「勝率ではなく利益率である」ということを筆者は忘れているのではないだろうか。



蛇足ではあるが、この手の本を書いている人達は、出版物の印税やセミナーの講師料で生活は安定していることを忘れてはいけない!







外貨ex口座開設

-----

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM