スポンサーサイト

  • 2007.09.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


外貨ex FX  知識ゼロからの外貨<FX>投資入門

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門

Kazu

知識ゼロからの外貨<FX>投資入門







初心者向けで分かりやすい
FXを始めたいと思って、まず本書を購入しました。為替とは何かから始まって、FXのシステム、注文方法といった基礎がまずかかれています。チャートの見方、テクニカルの見方が特に分かりやすく、著者の投資方法もなかなか初心者に参考になります。最初の1冊には最適だと思います。しかし、この本もそうですが、初心者はスワップ重視でと他の本や雑誌にも書かれていますが、対日本円の通貨はかなりの円安で、いつ円高に振れるか分からない状態なので、これからはスワップ狙いでも怖いですね。

読みやすかった
読みやすい文章で好感持てました。内容も丁寧に書かれている方だと思います。

基本的な事項は押えているので初心者の方が1,2時間でサラッと読むのには丁度よい本ではないでしょうか。

ただ、ハイリスクハイリターンを目指す人には向かないと思います。



初心者にも分かりやすい
内容は、FXとは何か、どういったリスク・リターンがあるのかといった説明がメインです

短く区切られており、簡潔で読み易い

通勤中等でも区切りを付け易く、本のサイズも小さい為、非常に便利



また、筆者がどういった考えで運用しているのかも載ってます

以前購入した本と同様、為替損益を狙うギャンブル性の高いやり方ではなく、

金利差を利用してコツコツ稼ぎ、中長期の運用の中で為替損益を狙える時は狙うスタイル

こちらの場合はよりディフェンシブな考え方で、絶対に損したくない!という方向け

無論、稼ぎは落ちますが(それでもかなり安全に高い稼ぎだと思えますが)

より特徴的なのが、絶対に損しない方法をメインにする為、

元本や過去の底値等をポイントに押さえ、倍率を決定する事

また、数点の指標を元に決済等のタイミングの方法も載っております



FXについての説明も分かり易いですし、

まずは筆者同様ディフェンシブな方法で慣れ、

少ない資金で更に攻撃的な方法を学び、いつかは、...と思える本でした

何も知らない人、始めて間もない人には大変参考になると思います



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法

内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法

内藤 忍

内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法







外貨投資の参考書
まさに外貨投資に関しての各論を教科書的にまとめた1冊と思います。

これまでのシリーズでは日本の資産を何%、外国の資産を何%って具合に資産配分について具体的に言及してきて画期的だと評価してきましたが、今回は外国資産の中での国別配分とかについて深く触れてるのかと思いきや、若干ぼやかした感じにされているような気がし残念。

それでも、外貨投資する際にどんな商品があるのか、またどんな注意点があるのかがこの1冊でほぼ網羅されてるように思うので大変有用な参考書になることと思います。

ご存知のとおり、著者はマネックスの人でマネックスで取り扱ってる商品をよく例に出してきます。

投資の幅を広げるためにも別に投資信託の参考書やサイトも見ておくべきと思います。

外貨投資全般をよくまとめた良書です
内藤氏の「資産設計塾」シリーズの3冊目で,外貨投資に的を絞って,外国株式,外国債券,FX,その他の商品とポイント抑えながら,外国株式・債券のインデックス,投資対象国のファンダメンタルズなど,他の本ではあまり扱っていない基本をきっちと抑えています.私は,資産運用を始める時に,いろいろと本を読みましたが,このシリーズがインデックス派の入門書として一番まとまっており参考にしています.



良書だけに苦言を一つだけ書くと,著者がマネックス証券の関係者なので,選択の対象がマネックス証券の商品に限られている傾向があります.本文は,他社の商品も含めて公平に説明しようとしていますが,「私の方法」ではこの傾向が気になります.ただ,海外ETFの扱いなどは,ここ数ヶ月で急速に取り扱いが増えて,現在では海外株式だけではなく,海外債券・REIT・コモディティも日本の証券会社から購入可能になりました.こうした動きは,本では追いきれないので,注意が必要です.



本書は,外貨投資の基本を勉強するには最適で,具体的な商品選択の段階では他の情報源もあたって決めるという使い方をお勧めします.



新興国投信からFXまで、正に外貨投資全般の参考書
マネックス・ユニバーシティ代表取締役の方の書籍ですが、これはそれまでに出た「資産設計塾」シリーズのように「投資の目的」などの事から入るのではなく、正に「外国(外貨)投資」に特化した内容になっています。しかし特化しただけのことはあって、内容は良くまとまっていると感じました。



まずトップでは、「日本の投資家がなぜ海外投資をする必要があるのか」という事について述べ、資産配分のこと、諸国の通貨・株式市場の概要や近況分析、それにBRICsなどといった新興国投信から外貨MMF、外国為替証拠金取引(FX)、挙句はヘッジファンドや金(Gold)に至るまで、あらゆる外貨・外国証券に投資する商品の分析を載せています。



初心者向けの情報から、ややマニアックな情報まで幅広く載せており、外国への投資に少しでも興味がある方には、参考書のひとつとして目を少しでも通したほうが良い、と推奨できる内容でありました。



ただ内藤氏の著作全般に共通することですが、当人が関与しているマネックス証券の商品についてはやや贔屓目、逆にマネックスで取り扱っていない商品に関するところではやや批判的に評価をしているところがあるため、そのバイアスを除く目を持って読む必要はあるとは感じています。いずれにせよ、評価は「良」です。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略

松田 哲

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  利回り100%の外貨投資戦略







応用可能な投資ノウハウ
**************************************

レビューは【メリット】・【デメリット】・【引用】で構成されています。

引用数に基づき評価を与えています。

**************************************



【メリット】:考え方が原理的で他の分野での投資や考え方に応用できる



【デメリット】:初心者には解説書が別途必要



外国為替相場では、価格の上昇はゆっくりで、価格の下落は速い、と言うことができます。(P128)



米国経済指標で注目する必要があるのは、次の5つです。

●米国失業率

●米国貿易収支

●米国GDPフラッシュ

●CPI(消費者物価指数)

●PPI(生産者物価指数)

(P18一部編集)



ある金利が高いということは、その国(略)のインフレ率が高い、ということです。(P187)

ひどい内容
はっきりいってひどい内容だった。こんな本にお金を払ったと思うとなんだかすごくイライラしてきて腹が立ちました。今までにいろんなFXの本を読んできたけどこんなひどい本は初めてです。この本を読んでFXを始めるようとする人がいたらかなり危険だと思います。

実用性がセロ。個人投資家の立場からいってこの本をおすすめすることは

とてもできません。



勝つためのメンタリティ
一通りFXのことを勉強して、実際に相場に向き合って、そろそろ次のステップに進みたい…という人に最適な本だと思います。

ちなみにこれこれこういうツールを使えば勝てる、というような

いわゆるテクニカル分析の解説本ではありません。



著者の長年の経験と知識から得た、相場に向き合うときの心構えや

相場が持つ、一定のクセなどについてわかりやすく書かれており

FXの世界で生きてきた大先輩から、こういう形で知恵をわけていただけるのは

とてもありがたい…という気持ちで読みました。



全体を通して、最終的には自分で考えて相場に向き合うべし、という気持ちにさせてくれる本です。

そのため楽して勝ちたいと考えている人や

これさえやれば勝てる!! といった必勝法を求めている方には不向きかもしれません。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  ズバリ 年金早わかり (スリムパッケージ版)

ズバリ 年金早わかり (スリムパッケージ版)



ズバリ 年金早わかり (スリムパッケージ版)







本を読むよりよく分かる
銀行が作っただけあって年金の仕組みを理解するのには良い教材です。
各項目に説明用のアニメーションがついているので、会社でもこれで研修しても良いと思います。
内容的にうまくまとめられています。
一般的な年金制度の仕組みや流れはだいたい理解できるでしょう。
また、個別にデータを入れることで何回でも試算出来るのは、このソフトの一番のメリットです。
ただ入力データに給与の平均値を使用しますので、あくまでも概算になります。
それでもこの値段でなら納得できますよ。
私はお客さんに世間話で「年金どのくらいかなぁ」などと聞かれたときに
サービスで対応できるように、ノーパソに入れています。
アニメーションをそのままお客さんに見てもらっています。
この値段ですから買ってみる値打ちはあります。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)

ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)



ズバリ年金早わかり (説明扉付きスリムパッケージ版)










外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X

SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付 折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X



SHARP 金融計算機 ローン(固定・段階金利対応)・複利商品・外貨預金・積立預金計算機能搭載 漢字ガイダンス付  折りたたみタイプ 漢字+12桁数字2段表示 EL-K612-X




胸ポケットの中のファイナンシャルカルキュレーター
ローン計算(固定、段階、毎月払、ボーナス併用可能) 読みやすい漢字ガイダンス 漢字+12桁数字2段表示 見やすい大型表示。 低反射液晶表示。蛍光灯などの光が反射しにくい、目にやさしく見やすい液晶。 すばやい入力をするために、先に押したキーを離す前に、次のキーを入力しても入力を受け付ける2キーロールオーバー機能つきの早打ち対応。 [+][−][×][÷]のどの演算キーが押されているかを表示する。計算状態がひと目でわかる。 ゴム製のキートップ。 2つおりカバータイプで、携帯に便利。






外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  <ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

田平 雅哉

<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法







入門書の1冊としてはお勧め
投資を趣味とする医師によって書かれた本。著者の本業が医師だけあって分析的な内容が良い。外貨投資の中でのFXの優位性と地著者が独自に培ってきたノウハウが分かりやすく書かれている。投資方法が初心者、中級、上級と分かれており、徐々にステップアップできる。著者が長年培ってきたノウハウを惜しみなく公開する点には好感が持てた。fx初心者でも理解がしやすい内容。ただ紙面の都合か分析に必要なロウソク足チャートの見方など端折った点があり、本書だけでは不十分。これからfx取引を始めてみようと思う方は成美堂出版の「これならわかる外資投資のはじめ方」を読むと良いだろう。

分かり易く読み易い
FXの紹介、株や外貨貯金と比べてリスク・リターンについてが大部分を占めます

その他、作者の運用方法もあり



FXとはどういった物かという説明は非常に分かり易い

また、短く簡潔に区切られており、読むのも止めるのも自在に出来る

更に、漫画チックな図解を随所に入れ、視覚的にも楽しく理解出来た



筆者は為替損益を積極的に狙うギャンブル要素の強いやり方よりも、

金利差をしっかり押さえ、更に狙える時は為替損益も狙うスタイル

超短?短期より、中長期の中で確実に利益を上げていきたい人に合っていると思います

短い期間で利益を出すやり方や考え方もありますが、当然リスクは上がります

また、リスクヘッジについても文面を割いており、

精神的な事もですが、一度に取引を行わず分けたり等、実際の運用方法もあります

特長として、多くの指標を必要とせず、関連性の高い二つを軸に予想する事かな

見る部分も考察も短くて済むので、FXの取引方法も合わせ、

時間の取れないサラリーマンに向いているやり方だと思います



ただし、少ない情報を元に取引を行う訳ですから、

精度はどうだろう?という疑問を感じました

筆者まんまの方法ではなく、時代や状況に合わせてアレンジしていく必要があるのかな

何しろ、入門書としては読み易く、非常に良いと思いました

経験者には恐らく物足りなく感じる部分もあるかと思います

リスクヘッジをしっかり取り、それでいて勝負していくタイプの人向けかな?

本を読めば小遣いが増えます
 何冊か、FXの本を読みましたが、ドクター田平の本が一番わかりやすい。何がといえば、

FXで儲けるにはテクニカル分析がたいせつですが。しかし、今更、学生でもないので、専門書を読んでも、さっぱり、理解出来ませんでした。そんな中、ドクター田平の本は違いまた。もっとも初心者にわかりやすい、しかし、解りやすいからと言って入門書どまりで終わっていない、中身の濃い本だと思います。3000万円は、むずかしいかもしれませんが、月に3千円や5千円は仕事をしていても、小遣いを増やせる方法を学べると思います。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座

細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座



細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座




表紙にあるように「日本一わかりやすいMONEYの運用本」と言ってもいいだろう。細野真宏の『経済のニュースが面白いほどわかる本』でも見せたモノゴトの本質を見抜き、イラストを利用しながらわかりやすく論理展開する手腕は本書でもいかんなく発揮されている。 著者にかかれば、「分散投資」の説明も「10個の玉子を1つの入れものに入れておくとその入れものを落としてしまえば、イッキに全部が割れてしまう、というリスク(=危険度)があるけれど、1つずつ別の入れものに入れておけば、仮に1つの入れものを落としたとしても残りの9個の玉子は割れずにすむ、ということ」となる。まさに「株って何?」という人のための「基礎の基礎講座」である。 基礎講座の最終レッスンは「森本卓郎」対「細野真宏」のスペシャル対談となるのだが、こちらも「日本一わかりやすい」対談だ。著者の予備校講師としての経験がなせるのか、随所に「ふたりの話のまとめ」が配置され、「損をしても暗くならない株式投資の考え方」などについてのふたりの会話が、きちんと整理されて理解がすすむ。 しかし本書は、基礎の基礎だけにとどまってはいない。第2章は、「株」「投資信託」「外貨」の運用講座(実践編)へとステップアップ。こちらは、マネー経済プロジェクトチームが担当講師となり、経済ジャーナリスト荻原博子や株式評論家の植木靖男らが監修にあたっているため、すでに投資経験のある人がおさらいをするのにも最適。(小山由子)



「基礎の基礎」の本
 多くのレビュアーさんが書いておられるように、確かに「わかりやすい」本であるが、内容は書名どおり「基礎の基礎」にとどまっている。

 株と投資信託と外貨預金の3つを1冊で扱うというやや無理のある企画によって、そのどれもが中途半端な感じがする。ページ数の制約から、株も投資信託も外貨預金も、それぞれに深い解説ができないにもかかわらず、経済評論家の森永卓郎氏との対談があったりする。

 それぞれの分野の雰囲気、アウトラインが感じ取れればよいという人には良い本だと思うが、真剣に投資のための参考にしようとする人にとってはもの足りない内容。

本当にわかりやすい!!
お金のこと、本当に苦手で。けど、普通に貯金していても全然増えないじゃないですか。わかりやすい、という売りの本を何冊か購入しましたが細野さんがダントツでわかりやすい。参考になりました。次は株の本を購入します。

これから株をはじめる人は必見!
巷で株が話題になって久しいが、仲間入りしようにも右も左も分からない…。そんな人にはもってこいの入門書。ある程度の知識がある人には物足りなさを感じるかもしれないけれども、お金にかかわる問題なので、この本で改めて知識の再確認をするのもいいかも。特に、「自分でどの株を買ったらいいのか判断してみたい!」という人には必見の情報が載ってます! 細野氏の経済関連の書籍は氏が経済畑の出身ではないがために、一般の人にも分かり易く説明されているような気がします。専門家にとっては当たり前すぎて触れずにおいてしまうような初歩的なことから説明してくれるので、経済アレルギーの人も読み進められるでしょう。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測

相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測

松本 鉄郎

相場の未来がズバリ読めるポイント・アンド・フィギュアで外貨投資に勝つ! だれでもできる実践相場予測







面白かったです
P&Fを解説した本って殆ど無いですよね、本書は貴重な1冊です。



サインが出た時の目標値がいつ頃達成できるのか?という計算方法が載ってたのは収穫でした。

「相場の大きな節目となる価格を絵から見つけ出し・・・云々」とありますが、どうやって見つけ出すのか具体例が書かれてあればもっと良かったと思います・・・



きっと「自分で探し出しなさい」ということなんでしょうね、自分なりに試してみようと思います(笑)

あの 『為替王』 も一目おく松本鉄郎氏によるテクニカル分析の解説書です!
外国為替証拠金取引(FX)に関するブログで有名なあの 『為替王』 も一目おく松本鉄郎氏によるポイント&フィギュアの解説書が遂に出版されました。

『為替王』 は1ドル=135円になるとの予想をしていますが、その根拠はまさにこのポイント&フィギュアによるテクニカル分析の結果です。

今後の相場予想をズバリと的中させることのできるテクニカル分析の解説書がたったの1,470円で手に入るなんて、絶対に買いです!

エキスパートが語る秘策の数々
日本は貿易立国から投資立国に変貌しはじめている。輸出入から稼ぐ外貨額を、海外投資から受け取る配当や利子が上回りだしたのだ。筆者が言うように、日本人もグローバルに投資機会を求めるようになってきている証拠である。「為替を制するものは外国投資を制する」という筆者の主張通り、グローバル投資には為替への対応が一番重要なのである。その意味で、実践経験豊富な筆者が語る秘策の数々は、真剣に海外投資を考えている個人投資家にとって非常に役立つ。「絶対が無い」というのはどんな投資でも同じだが、為替の世界だけはテクニカル分析が有効と言われている。そのなかでも、PFは最も手軽に実践できるアプローチだ。この分野の第一人者の知恵を借りるには最適な著書と言えよう。



外貨ex口座開設

-----

外貨ex FX  外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

山根 亜希子

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法







FXが身近に感じられるエッセー風
FX取引が非常に簡単に感じられるエッセー風な本です。私自身は同じ年ということもあり、又、普通のOL風な雰囲気が気に入り、最後まで好感を持って読むことが出来ました。楽しい読み物と言う感じです。

 これを信じきってFXを気軽に始めるのはちょっと危険な感じがします。あくまでもレバレッジを効かせた取引でその損失の可能性が高い事を理解する必要がある様に思います。

 取引開始にはもう2冊ほど専門書を読む必要があると思っています。

あくまでもFX成功者の取引事例として
ネット広告でFXのカリスマと著者が紹介されていたため名前を覚えていましたが、本屋でその名前をたまたま見つけて購入しました。

本のタイトルと著者の履歴からすると、この方法で試してもリスクも少なく容易に儲かりそうな感じがしますが、注意が必要かと思われます。

個人的(まだ私はFX初心者ですが)にレバレッジ10倍というのはかなりのリスクだと思います。また、公開している取引明細書を見ると含み損もあります。これで成功といえるのかは疑問です。

あくまでも一人のFX成功者(?)の取引事例として読むべき本だと思います。

分かりやすい内容でした
FX口座開設はしたものの、良く分からずにそのまま放置していたときに出合った本でした。



Fxの仕組み、スワップの説明、各通貨の性質、注文の方法など

文章も女性的で比較的優しい感じで書いてあります。

他のFXの本と比較的同じような事が書いてあり、著者なりの各通貨の

特徴の見解などが説明してあります。



FXをしているある1人の手法を覗く、と言う点では良かったと思います。

ある1個人のやり方をみて、自分の方法を確立するきっかけになるのでは?と思います。



著者の方法はレバレッジ10倍以上と、儲けも多いかもしれませんがその分リスクを伴います。危険危険といいますが、為替取引でレバレッジ10倍は普通ではないでしょうか?

10万円の元金という小資本で利益を狙うのであれば、10倍ほどのスワップでないと利益は

あまり期待できません。



本書を読み、時々読み直しながら為替取引を行なっています。

今のところ7ヶ月、大きな損もせず利益を出しています。

私個人としてはこの本を読んで良かったと思っています。



為替も株も自己判断で自己責任です。

掛け率や、その人の手法は人それぞれです。

危険な方法ですが、その分面白いと私は判断します。



外貨ex口座開設

-----

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM